沿革
`1989年7月:株式会社林ロストワックス工業は、100%子会社である、大連(林)精密鋳造有限公司を設立。(投資総額                          530千USD)

`1992年9月:従業員数350人 24時間操業(3直体制)、月産55t体制。

`1996年3月:資本金2,200千USDに増資。月産100t体制。機械加工工場を新設。

 

`1999年8月:ISO9002認証取得。



`2001年12月:工場を現在地(大連市経済技術開発区振鵬工業城73)に移転。資本金を6,460千USDに増資。月産180t体制確立。 

 

`2003年4月:ISO9001-2000認証取得。

 

`2007年1月:機械加工工場拡張。CNC旋盤等を増強し、加工能力50%アップ。

 

`2008年12月:3次元測定器増加、非破壊(X線)検査設備を新規導入し、検査能力増強。

 

`2009年1月:ISO14000認証取得。

 

`2011年1月:TS16949認証取得。

 

`2013年5月:自動化精密鋳造工場稼働開始。月産300t体制へ。